差額ベッド代を知ろう

入院する際に、6人部屋などの大部屋に入る場合には、特別な自己負担はありませんが、個室を選択した場合には、個室料として差額ベッド代が発生します。差額ベッド代がかかるのは、特別療養環境室という条件を満たした場合です。
病院からきちんと説明を受けた上、本人が希望して、そして同意書に署名をした場合に請求されます。

「特別療養環境室」の条件
①病室の病床数は4床以下であること
②病室の面積は1人当たり6.4㎡以上であること
③病床のプライバシーを確保するための設備があること
④少なくても「個人用の私物の収納設備」、「個人用の照明」、「小机等および椅子」の設備があること
なお、差額ベッド代を請求できない場合があります。但し、患者自身が料金なども承知の上で希望した場合には、請求対象をなります。

病院側が患者に差額ベッド代を請求できないケース
①患者から同意書に署名をもらっていない場合
(同意書に室料の記載がないなど、内容が不十分な場合も含む)
②「治療上の必要性」から特別療養環境室に入院した場合
・救急・術後など、病状が重篤なため安静を必要とする患者、または常時監視を要し、適時適切な看護や介助を必要とする患者
・免疫力が低下し、感染症に罹患するおそれのある患者
・集中治療室の実施、著しい身体的・精神的苦痛を緩和する必要のある終末期の患者
③病棟管理の必要性から入院させた場合(実質的に患者の選択によらない場合)
・MRSAなどに感染している患者で、主治医などが他の入院患者の院内感染を防止するため、患者の選択によらず入院させた患者

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ