医療費が上限額を超えたら?

医療費が上限額を超えて支払いをした場合には、払い戻しを行います。払い戻しの方法は、2つあります。

①現金給付
一旦、窓口で2割や3割の自己負担割合分を支払います。そして、後から加入している公的健康保険に上限額を超えた分を請求し、差額分の現金を払い戻します。

②現物給付
70歳未満の親が入院した場合、上限額を超えそうなときは、「健康保険限度額適用認定申請証」を病院へ提出をすれば、支払いが上限額までにすることができます。

70歳以上で、同じ病院に入院だけの月の場合は、特に手続きをしなくても現物給付がされ、上限額のみの請求となります。但し、入院と同じ月に通院をした場合などは、通院分が払い戻しされないため、現金給付の手続きも必要をなりますので、注意しなければなりません。

この手続きをしなくて、入院で高額の医療費がかかった場合は、一旦自己負担分を支払って、後日、加入している公的健康保険に、高額療養費支給申請書を提出して、差額分の現金を払い戻します。払い戻しは、3~4か月後になります。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ