自己負担額には上限額がある 

高額療養費制度の自己負担上限額は、少しずつ上がり続けていますので、チェックをしていくことが重要です。
1ヶ月間にかかった医療費の合計に上限額が設定されていますので、それ以上かかった医療費は支払わずに済むか、後日払い戻すことができます。この高額療養費制度のおかげで、医療費の負担が大きく軽減されています。その上限額は、年齢や所得で違っています。
また、医療と介護の自己負担が高額になる場合の負担軽減のため、合算による自己負担限度額が設けられていますので、確認しておきましょう。

<70歳以上の高額医療費制度>

70歳以上は、通院だけか、入院と通院かで上限額が分かれます。通院だけの場合は、個人としての上限額、入院と通院の両方の場合は世帯の上限額を適用します。
しかも、直近1年間に3ヶ月以上、高額医療費の対象となった場合は、4ヶ月目から上限額が下がる仕組みもあります。
70歳以上でも現役並みに所得がある人は、現役並みの上限額となっています。

区分
自己負担上限額(月額)

通院
(個人ごと)
入院+通院(世帯ごと)
毎月
年3ヶ月以上対象となる場合
一般
12,000円
44,400円

現役並み所得者(※1)
44,400円
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
44,400円
低所得者Ⅱ(※2)
8,000円
24,600円

低所得者Ⅰ(※3)
8,000円
15,000円

※1…一人暮らしで年収383万円以上、2人世帯で年収520万円以上が目安
※2…市町村民税非課税
※3…市町村民税非課税世帯のうち、所得が一定基準に満たない一人暮らしで、年金受給額約80万円以下、2人世帯で約160万円以下

 

 

<70歳未満の高額療養費制度>

70歳未満は、高額療養費の自己負担限度額に達していなくても、同月に世帯内で自己負
担額21,000円以上になった分が2件以上あれば合算することができます。

所得区分
自己負担上限額(月額)
年3ヶ月以上対象となる場合
一般
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
4ヶ月目から44,400円
高額所得者(標準報酬月額53万円以上
150,000円+(医療費の総額-500,000円)×1%
4ヶ月目から83,400円
市町村税非課税者
35,400円
4ヶ月目から24,600円

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ