医療費の自己負担割合

親が倒れたときに必ず必要となるのが、健康保険証です。健康保険証の置き場所を必ず確認しておきましょう。
日本では、国民全員が公的健康保険に入ることが義務づけされていますので、医療費の1~3割の自己負担で医療を受けることができます。
高齢者の保険は、年齢によって自己負担割合が決まっています。2008年4月現在、65歳~74歳は「前期高齢者」、75歳以上は「後期高齢者」に分けられています。後期高齢者は、新設された「後期高齢者医療制度(長寿医療制度)」に加入することになります。

以前は、70歳を過ぎると無料だった保険料ですが、現在は1割負担で、一定の収入があると3割負担となります。そして、今度も負担額が高くなることが予想されますので、そのことを頭に入れておくことが必要となります。

医療費の自己負担割合

【小学生から69歳】…3割負担
【前期高齢者(70~74歳):一般所得者・市町村民税非課税者】…1割負担
【前期高齢者(70~74歳):現役並みの所得者】…3割負担
※1人暮らしで年収383万円以上、2人世帯で年収520万円以上が目安
【後期高齢者(75歳以上):一般所得者・市町村民税非課税者】…1割
【後期高齢者(75歳以上):現役並みの所得者】…3割
※月収70万円以上、課税所得145万円以上

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ