医療費控除も押さえておこう

1年間(1/1~12/31)にかかった医療費のうち、一定額以上のものは税金を取り戻すことができます(還付できる程度の所得税があれば)。生計を一緒にしている家族分は合計して医療費控除が受けられるので、生計が一緒の息子や娘分も控除できます。
医療費控除は、1年間に家族全員の医療費合計から生命保険・損害保険・共済などからの入院給付金を引いて、さらに10万円(所得が200万円以下なら所得の5%)を引いて算出します。
この控除分を再計算して、納め過ぎた所得税があれば、それを確定申告で還付します。額としてはあまり多くありませんが、翌年の住民税が下がる可能性もありますので、手続きをしてください。
例えば、医療費が年間20万円かかり、入院給付金が5万円受け取れた場合は、20万円-5万円-足切額10万円=5万円となり、5万円が医療費控除の対象となります。その人の税率が20%ならば、5万円×20%=1万円が戻る目安となります。
医療費控除を行うには、確定申告をする必要があります。確定申告は2月16日~3月15日に行いますが、申告義務のない人で還付申告だけならば、この期間の前に手続きをすることができます。混まないうちに手続きができるのでおすすめです。還付金は、申告後1ヶ月程度で指定口座に振り込まれます。

医療費控除の対象

認められるもの
認められないもの
・通院にかかった電車、バス代(タクシーは緊急時のみ)
・マイカーで通院する際のガソリン代、駐車代
・診療、治療費
・入院用のパジャマ、歯ブラシ
・市販の風邪薬等
・栄養ドリンク・サプリメント等
・治療に必要な薬代
・医師への謝礼
・治療のための鍼、マッサージ代
・見た目をよくするための歯の矯正費
・医者が必要と認めた松葉杖や補聴器などの購入費
・病気の予防や健康維持のためのビタミン剤や健康ドリンク
・異常が発見された場合の人間ドック費用
・異常が発見されなかった場合の人間ドック費用
・オムツ代(医師が発行した「オムツ使用証明書」あり)
・オムツ代(「オムツ使用証明書」なし)
・付き添い費用
・親族に支払う付き添い費用

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ